貴社の社内LANをGigaビット化!現状が100Mbps環境ならば10倍のパフォーマンスアップ!

旧式LANではパフォーマンス不足。

以前は主流であった100MbpsのLAN環境。
貴社のオフィスがこの環境なら、すでにいろいろな問題を抱えていませんか?

矢印

社内LAN、Gigaビット化のおすすめ

ギガビット環境に最適なCat6ケーブル

カテゴリー6ケーブルは、当初1000BASE-TX規格用のためのケーブルでしたが、現在のギガビットの主流は対応機種も安価となった1000BASE-Tにあるようです。カテゴリー6ケーブルも当然1000BASE-Tに使用できます。
カテゴリー5eのケーブルでも通信速度は理論値上1000Mbpsとなっていますが、帯域幅(周波数特性)が100MHzとギガビットでは限界点に近い数値です。

ケーブル Cat6 Cat5e Cat5
通信速度 1000Mbps 1000Mbps 100Mbps
帯域幅(周波数特性) 250MHz 100MHz 100MHz
規格 1000BASE-TX 1000BASE-T 100BASE-TX

帯域幅を水が流れる土管に例えると、土管の太さであり、太いほどより多くの水が短時間で流れるようになり、帯域幅が大きいほど短時間でデータを送ることができるということになります。

ギガビットのような高速通信を行うには、帯域幅に余裕を持たせる事により安定性を高めることが重要です。カテゴリー6(Cat6)ケーブルはカテゴリー5(Cat5/Cat5e)の帯域幅100MHzに比べ2.5倍の250MHzまで帯域保証されているので、ギガビットLAN環境を十分に発揮させるには最適のケーブルです。

Cat6ケーブル内部。十字スペーサーを内蔵し、ケーブルペタの干渉を防止している。
ペアのより戻しを最小限に抑えるためのCat6用プラグ(RJ45)を取り付けます。

次世代を見据えるならカテゴリ6a

次世代LANは「10ギガビットイーサーネット」10GBASE-T規格です。これに対応するLANケーブルが「Cat6a(Cat6e)」以上のケーブルです。

ケーブル Cat7 Cat6a(6e) Cat6 Cat5e Cat5
通信速度 10Gbps 10Gbps 1000Mbps 1000Mbps 100Mbps
帯域幅
(周波数
特性)
600MHz 500MHz 250MHz 100MHz 100MHz
規格 10GBASE-T 10GBASE-T 1000BASE-TX 1000BASE-T 100BASE-TX

カテゴリ6を更に改良し、最大周波数500MHzを実現した規格で、上位の10GBASE-Tでも安定して利用できるように機能拡張した規格がカテゴリ6a(CAT6a)

更にその上の600MHz帯域を実現するカテゴリ7規格。
次世代10ギガビットに完全対応となり、現在のところ最強LANケーブルと言えます。

デメリットとして、CAT7、CAT6a(6e)共に、現在のところケーブル価格が高価です。

【お問い合わせはお気軽にどうぞ】株式会社NIK:フリーダイヤル0120-82-2455
LAN工事
  • Gigaビット化
  • 無線LAN
PICK UP商品
  • 少数精鋭企業向けビジネスホン LEVANCIO-S
  • レバンシオ
  • 電話が賢くなれば、仕事も活気づく。ActysⅡXT300 saxa
  • 首都圏設置限定セット IWATSUプレコットネクスト3台セット web限定セット価格199,800円
  • 法人かけ放題プログラムのワイモバイルを社内では内線として使えます!
  • スマートゲートアダプタ〜スマートホンを会社の内線に!〜
  • スーパー・工場プラント・パーラーで働く人に「DIGIX〜ディジックス〜」
  • ビジネスホンが緊急地震速報をお知らせします!「強い揺れに備えてください!」
ビジネスホンで緊急地震速報訓練放送の様子
  • ハートフルコールシステム
  • 中古ビジネスホン+標準工事込!首都圏限定設置価格69,800円(税別)〜
  • LAN配線工事 お任せください!
  • オリジナルICカードで入退室管理!マグネットロック式
  • ビジネスホン大百科 ビジネスホンの困ったをまるごと戦隊NIKレンジャーが解決!
  • ビジネスホン大百科・ビジネスフォンってそもそも何なの?
  • ビジネスホン大百科・主装置とは?
  • 電話の聞き取りに困った時は…津輪録音で解決だっ!
  • NIKスタッフブログ
  • Twitter @nik_co_ltd
このページの上部へ戻る